後遺障害の詳細

傷害事件の場合その相手にどのくらいの被害を及ぼさせたかというものが加害者側の罪状に影響しますが、たとえば交通事故による被害者側の被害も、それがどのくらいの被害であるか、という点が考慮されます。いわゆる擦り傷程度の怪我と、複雑骨折を負ってしまったような重傷、またはこれからの生活において、介護が必要となってしまうような後遺症を負ってしまった…などによって、どのくらいの賠償が求められるのか、という点が異なっています。

 

特に後遺障害を負わせてしまった、または負ってしまったとなれば、その被害は甚大なものですから、その分賠償も大きくなります。その基準の一つとなるのが、後遺障害における『等級』です。この詳しい点については次のページで扱いますが、その被害の大きさに比例して認められる等級も上がっていきます。

 

私達はその場にいるような当事者でない限り、そういった事柄に関してあまり実感が湧かない、と思われることでしょう。しかし、現に交通事故によって被害を負い、思い後遺障害を負ってしまった、または誰かにそれを負わせてしまった、ということが実際にありますので、私達は決して例外ではなく、そういった状況に遭う可能性も0ではないのです。