後遺障害の詳細

傷害事件の場合その相手にどのくらいの被害を及ぼさせたかというものが加害者側の罪状に影響しますが、たとえば交通事故による被害者側の被害も、それがどのくらいの被害であるか、という点が考慮されます。いわゆる擦り傷程度の怪我と、複雑骨折を負ってしまったような重傷、またはこれからの生活において、介護が必要となってしまうような後遺症を負ってしまった…などによって、どのくらいの賠償が求められるのか、という点が異なっています。

 

特に後遺障害を負わせてしまった、または負ってしまったとなれば、その被害は甚大なものですから、その分賠償も大きくなります。その基準の一つとなるのが、後遺障害における『等級』です。この詳しい点については次のページで扱いますが、その被害の大きさに比例して認められる等級も上がっていきます。

 

私達はその場にいるような当事者でない限り、そういった事柄に関してあまり実感が湧かない、と思われることでしょう。しかし、現に交通事故によって被害を負い、思い後遺障害を負ってしまった、または誰かにそれを負わせてしまった、ということが実際にありますので、私達は決して例外ではなく、そういった状況に遭う可能性も0ではないのです。

交通事故と後遺障害

私達は何らかの被害を受けた時にその被害が一時的なものであるかどう可を判断するかもしれませんが、その判断は私達自身だけの判断では判断しきれないこともあります。私達が間違った判断を下してしまったらそれ以上は進まず、後になって実際にその判断が間違っており、私達の被害が深刻なものであると言うことに気付くことがあります。

 

ですから、私達は何らかの被害を受けた時に、まずその被害がどれくらいのものであるか、という点を把握しておく必要があり、その状況に応じた対応というものが求められています。対応が迅速に行われることによって、被害を与えた相手側に対して、相応の責任を追及することができます。

その責任はお金によって支払われることがありますが、お金によって解決出来るのかどうか、という点を別にすれば、できるだけ多くの、いいえ、私達が本来受け取れるはずの分の全てを受け取らなければいけない、と思います。そして、それは私達の被害が大きければ大きいほどそう言えます。

 

私達の被害、それが大きくなってしまう事案にはどのようなものがあるのでしょうか。『交通事故』は被害が大きくなりやすく、私達誰もが経験する可能性のある案件であるといえます。交通事故の被害を受けた時、私達はそれに応じた賠償を請求する権利がありますが、その賠償に関しては、その事故によっていわゆる『後遺障害』を負ったかどうかによっても異なります。それは一体どういう意味でしょうか。